XM口座開設【これを知らないと損するかもしれません】

XM 口座 XM 口座開設

勝ち組は皆使っている 「XM」

FXを始める際に、まず最初に選択するのがFX証券会社ですよね

国内FX業者か海外FX業者かでも大きな違いがあります

国内海外
レバレッジ最大25倍XMは888倍
追証有り無し
XMはレバレッジが888倍まで可能です

つまり資金10万円の場合、国内FX業者だと250万円まで、XMを利用した場合は8800万円まで取引が可能です

またXMは「ゼロカットシステム」というものがあります。

これは万が一大きな損失が出てしまった場合も口座残高がマイナスになることはありません。つまり追証がないということです。

海外FX業者は数多くありますが、やはりおすすめは最大手の「XM」と言い切れます

世界最大手のFX口座「XM」

資産をゼロから70億超まで増やした与沢翼さん。

与沢翼さんが使用するFX口座もXMです。

XM 取引口座タイプ

XMにはマイクロ口座、XM Zero口座、スタンダード口座の3つの取引口座タイプがあります。

  • マイクロ口座

名前の通り少額でのトレードが可能というのが特徴

ただスタンダード口座でも最小取引サイズを0.01ロットの設定ができるため、汎用性を考えるとスタンダード口座の方が使い勝手が良いです

  • XM Zero口座

1回のエントリーごとに手数料を支払い、スプレッドを狭く(小さく)できるのが特徴

取引ボーナスが無し、またレバレッジが最大500倍まで

  • スタンダード口座

上記の表を見ても、全ての内容を踏まえて一番使いやすいのがスタンダード口座です。

レバレッジ最大888倍で、多くの方がこちらの口座を利用しています

XM口座開設方法

口座開設、ここでも国内業者と海外業者では大きく違います。

国内業者の場合は、書類の郵送等があり1週間近くはかかりますが、海外業者の場合は開設の流れが最適化されており、非常に簡単に口座開設ができます。

ウェブ上でで完了します。2~3分で完了するので、本当に簡単です。

  • ウェブ上で必要情報の入力
  • メール受信(確認用)
  • 口座登録完了メールの受信

ウェブ上での3ステップで、3分程度で完了します

その後、本人確認とトレード用ソフトのダウンロードが必要です。こちらも10分程度で完了する簡単な作業ですのでご安心ください。

  • 本人確認
  • 入金 ※省略可
  • MT4ダウンロード、ログイン

上記、XM公式サイトから口座開設を行います

緑の「口座を開設する」をクリックすると、下記のページが表示されます

必要情報を入力していきます

<名前>

アルファベットで入力します(大文字から始める)

<居住地>

日本に住んでいる場合はJapanを選択

<希望言語>

日本語を選択

<電話番号>

国際電話表記のため少し馴染みがない形式になっています
日本の国番は「81」
81のあとに、携帯番号の最初の「0」を取った番号を入力します。090-9876-5432の場合は、最初の0を取った「9098765432」(ハイフンは無し)を入力します。

<Eメール>

普段使用しているアドレスで大丈夫です。(GmailなどもOKです)

<取引プラットフォーム>

MT4がおすすめです。EA(自動売買)やインジケーターがMT5に対応できていないものがまだ多くあり、互換性がよくないからです。そのためMT4を利用している人の方が圧倒的に多いです。

※ただ、仮想通貨はMT5でしかトレードできないため、仮想通貨メインで考えている方はMT5を選択してください。

後ほど必要に応じて追加口座開設は容易にできるので、仮想通貨メインでない方はMT4を選ぶのがベターでしょう。

<口座タイプ>

先ほどの説明の通り、スタンダード口座がベターです。

ここまで入力をしたら「ステップ2へ進む」をクリック

<生年月日>

日、月、年の順番になります(日本とは逆ですね)

2019年7月4日の場合は、4,7,2019となります

<住所>

住所も日本とは逆の順番になります

“神奈川県横浜市横浜1-1 メゾンヤマダ101号室”の場合

#101,Maison-Yamada, 1-1, Yokohama,

Yokohama-shi, Kanagawa, Japanという表記になります

<郵便番号>

日本と同じ順番、表記になります(ハイフンは入力しません)

<納税義務のある米国市民ですか?>

アメリカ在住でなければ、「いいえ」を選択してください。深く考える必要はありません。

<口座の基本通貨>

好きな通貨を選択してください。特に理由がなければ日本円(JPY)を選びましょう。

<レバレッジ>

ここは自身の投資スタイルによって選ぶのが良いですが、迷ったら888倍を選ぶのがベターです。

※登録後にレバレッジを変更することも可能です。

<口座ボーナス>

必ず「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選択してください。

ここで受け取りを希望しない場合は、その後も新規口座開設ボーナスや入金ボーナスがもらえないので注意してください。

<投資家情報>

該当する項目を選択してください

<口座パスワード>

記載されている通り、小文字、大文字、数字の3種類を含める必要があります

<確認>

ニュースレターは、最初はもらっていた方がいいと思います。不要だと感じたら途中で変更もできるので、まずはチェックしておいて良いです。

下段については、リスク等確認した上で大丈夫であればチェックします。

ここまで入力できたら、「リアル口座開設」ボタンを押します。

口座登録完了メールが届くので、「Eメールアドレスをご確認下さい。」をクリックして、3ステップ完了です。

ここまでで以上となります。

⇒XMの口座開設はこちらから

口座開設後の有効化の方法 〜本人確認書類の提出

口座開設でひと段落して意外と抜けてしまいがちな本人確認。本人確認後、有効化されて初めてトレードができるようになります。口座開設後は速やかに有効化しましょう。

【XM口座開設】口座開設後の有効化の方法:①

XM口座が有効化できていないと、ログイン後、「今すぐ口座を有効化する」というボタンが表示されます。

[今すぐ口座を有効化する]をクリックします。

【XM口座開設】口座開設後の有効化の方法: ②

[マイナンバーをお持ちですか?]

と表示されますが、マイナンバーの提出は必須ではありません。
「いいえ」を選択し、「後で知らせる」をクリックしましょう。

マイナンバーを伝えたい場合は、[マイナンバーをお持ちですか?]という質問に「はい」を選択し、次の画面でマイナンバーを入力して確定してください。

【XM口座開設】口座開設後の有効化の方法:③

ここで本人確認書類をアップロードします。

身分証住所確認書の2つの本人確認書類が必要となります。

【身分証】

身分証は9種類あります。有効期限内の書類かつデジタルカラーデータのアップロードのみ可能で、モノクロデータでの提出はできません

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 住基カード (写真付き)
  • パスポート
  • 障害者手帳 (写真付き)
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

【住所確認書】

住所確認書は11種類あります。 住所確認書類の場合は、有効期限内の書類かつデジタルデータのアップロードが可能です。

  • 健康保険証
  • 住民表
  • 印鑑証明書
  • 電気料金の領収書もしくは請求書
  • ガス料金の領収書もしくは請求書
  • 水道料金の領収書もしくは請求書
  • 固定電話料金の領収書もしくは請求書
  • 携帯電話料金の領収書もしくは請求書
  • クレジットカード利用明細もしくは請求書
  • 銀行利用明細書もしくは請求書
  • 納税通知書など

※ 健康保険証は裏面に住所が書いてあるものはNGです。引っ越しが多い方は気をつけましょう。
住民票も別ページに住所が記載されているものは不可となるので気をつけましょう!。

【XM口座開設】口座開設後の有効化の方法:④

アップロード完了後、不備がなければ口座が有効化します。

ここまでできれば、あとはXM側の確認待ちになります。問題がなければ通常は24時間以内に審査結果は送られてきます。

XM口座開設が完了し、入金してトレードできるようになります。

XM口座開設後の有効化の方法については以上となります。