【FX手法】50EMAと200EMAだけを使用するシンプルトレード

XM 口座

テクニカルを色々勉強したのに、なかなか勝てない時期って必ずあるかと思います。そんな時はどうしたらいいのか?

結局シンプルに考えるのがいいのかも

テクニカル分析、限りないほどありますよね。

それぞれに目的と優位性があると思いますが、そんなテクニカル分析をやりすぎて疲れちゃうこともあるかと思います。

本記事では50EMAと200EMAだけを使ったシンプルなトレード手法をご紹介します。

見るのは1時間足のみ

50EMAと200EMAを表示し、(4時間足を意識しながら)実際に見るのは1時間足のみ

FX口座:XM

黄色:50EMA   赤:200EMA

ロングでのエントリー条件

使用している口座はXM

50EMAが200EMAの上にある状態で、ローソク足が50EMAを下から上にブレイクし、1時間足が確定したところでエントリー

※50EMAが下向きや横向きの場合は、ダマしのケースが多いため一度見送る方がベターです。

ショートでのエントリー条件

50EMAが200EMAの下にある状態で、ローソク足が50EMAを上から下にブレイクし、1時間足が確定したところでエントリー

※50EMAが上向きや横向きの場合は、ダマしのケースが多いため一度見送る方がベターです。

損切りと利益確定の条件

(損切り)

・50EMAを逆向きにブレイクして、1時間足で確定した時

・エントリー時に40pipsの損切り指値を念のために入れておく

(利益確定)

・エントリーから100pipsを利益確定のメドで考えておく

・50EMAを逆向きにブレイクして、1時間足で確定した時

今回のケースですと、

エントリー:109.887(ロング)

損切り:109.487

利確:110.887(100pips)

保有期間:63時間

約2日半保有で100pips取得

エントリー:109.331(ショート)

損切り:109.731

利確:108.331(100pips)

保有期間:21時間

1日弱保有で100pips取得

まとめ

XMで50EMAと200EMAを設定(設定の仕方が分からない方は下記のコメント欄からお問い合わせください)

・50EMAのブレイクでエントリー

・エントリーと同時に40pipsの損切り

・50EMAを逆方向にブレイクしたら損切り

・利益は100pipsを目指しながら、50EMAをブレイクしたら(1時間足で確定)損切り

・50EMAをブレイクしたとしても向きが条件に合っていなければ一度見送り

 本日は以上です。

RDS