【エリオット波動】 ユーロドルで5波動を分析

FX XM 口座

ユーロドルでエリオット波動の5波動を分析

3/19現在

ユーロドルはエリオット波動の5波動が完了した可能性があります。

EURUSD 1時間足

上記チャートは1時間足ですが、ベースは4時間足で波動状況を確認し、1時間足で細分化しています。さらにそれぞれの波動を15分足で細分化すると、1時間足の1波の中に15分足の5波が、1時間足の3波の中に15分足の5波が、1時間足の5波の中に15分足の5波が存在します。

今回の5波動、とても分かりやすく波動が出ており、エントリー、エグジットしやすい相場でした。

3波【一番伸びる波動】

2波のピンクの下矢印でショートのシグナルが出て、1ポジションエントリー。その後雲にぶつかり跳ね返されたところで追加エントリー。3波の一番の伸びを取れましたね。大きく落とした後の戻しで2ポジションとも一度エグジット。

その後少しジリジリと横ばいとなり、下値でトレンドラインを引いておき、トレンドラインブレイクでショートエントリー。前の安値を切り下げたのちに戻したところでエグジット。

4波【調整波で、エントリーしない】

4波はA,B,C,D,Eの調整波で、トレンドライン、チャネルラインを引き、そのライン内でのレンジで進行したため、調整波確定。

調整波なので、4波ではエントリーしないで5波に備えた方がいいです。調整波の構造、動きは大変複雑なため、4波に入ったらエントリーをせずにトレンドラインとチャネルライン(引ければでOK)を引いて、ラインブレイクまで観察しましょう。

5波【ここで利益をさらに伸ばす】

4波のトレンドラインブレイクで、5波スタート。

エントリー準備シグナル(赤い矢印)も出ていますね。このシグナルは結構優秀です。シグナル通りにエントリーし、5波の初動から取りに行きます。その後ジリジリと横ばいでチャート同士がオーバーラップし始めますので、1時間足の5波の中の15分足の2波が始まったと認識できます。

浅い戻しでしたね。トレンドライン、チャネルライン(引ければでOK)を引き、トレンドラインブレイクで追加エントリー。

次は1時間足の5波の中の15分足の3波想定ですので、1時間足の5波の中のでも一番伸びる可能性があります。良いタイミングでショートエントリーできれば、半日程度で150pips程度取れています。

続いて調整の4波ですので、先ほど同様エントリーをせずトレンドラインと、チャネルラインを引いて待つ時間帯になります。

トレンドラインブレイクでエントリーとなります。

直近の安値を下抜けた後の上昇でエグジット。

以上です。セオリー通りでエントリー、エグジットができ、この相場での総獲得pips数は700pips程度になります。

エリオット波動の5波動分析は以上となります。

この後、5波がエクステンションする可能性もありますが、基本的にはこの下げトレンドは一旦終了だと思われます。この後調整波を挟み、新たなトレンドが発生となります。

お知らせ

最後に、

私はエリオット波動をベースにしたスイングトレードで月に2000~3000pips程度の利幅を取っています。エリオット波動は奥が深く判断が難しい部分がりますが、理解をしていくことで大きな利幅を取ることができます。1回のトレードで500pips以上取ることもできます。詳しいトレードの仕方については今後発信していきますので、引き続きお願いいたします。

本日は以上となります。

RDS

トレードマニュアルプレゼント

THE TRADE NOTE

当ブログからXMの口座を開設された方に、月に2000~3000pipsの利幅を取れるトレード方法が記載されたマニュアル「THE TRADE NOTE」をプレゼントします。

こちらをクリック

口座開設後、下記フォームからお名前、メールアドレス、XMのIDをお知らせください。(ご不明点ありましたら、下記フォームからご連絡ください)