【エリオット波動】 4波の深戻しで5波の爆益を狙え

FX XM 口座

コロナショックで大荒れの為替市場

ドルが強いですね。

ドル円は2020年3月9日の底から大きくドルが買われています。(円がすごく売られています)

このトレンドはどこまで行くのか?

エリオット波動の4波形成中

3月19日14時現在

USDJPY 1時間足

こんなチャートです。

エリオット波動的に解釈すると、赤い部分が1、2、3波

水色が現在のところですが、4波の調整波で深く戻されています。

1波の起点から見ると、フィボナッチの61.8を超え、78.6に迫る勢いです。

61.8~78.6の間まで戻される場合、かなりの深戻しと言えますが、次の5波が大きく伸びることが期待できます。

現在ドル円ノーポジションの人は、5波に備えておくのがよいでしょう。

4波(調整波)の終焉はとエントリーは?

フィボナッチの78.6と2波の起点が近いため、78.6では止まるという見立てでいます。

下にある雲にタッチし始めたら、5波の始まりを意識しておきましょう。

下がり始め、雲にタッチ(あるいは抜けて)一度上に戻り、再び下げ始めたら5波開始の可能性が高いです。まずは1ポジションショートエントリーがセオリーです。

その後、時間足を15分足に変えて、5波をつけはじめたらもう1ポジション追加エントリー。3波の底付近までを一旦の目処として保有をしておく形になるかと思います。

乱高下相場だけど、セオリー通り解釈する

上記はエリオット波動のセオリーでの解釈です。大変乱高下している相場ですが、落ち着いて、冷静にセオリー通り解釈していくことが、こういう相場でたいじょうしない、損失を出さない、むしろ利益を出す大事なポイントです。

ユーロドルも乱高下していますが、セオリー通りの解釈で1日のトレードで250pips以上取れたりもします。

こういう記事も参考までに

ドル円はどこまで下落するか?

USDJPY 1時間足

フィボナッチエクスパンションを使って、5波の見立てを立てると

4波で78.6の深戻しをしており、フィボナッチエクスパンションは100.0まで伸びる可能性が高まっています。

仮に今現在を4波の終点と見立てた場合、100円を割り込み98.5円まで下落する可能性があります。

5波のエントリー、焦らずにしっかりと見極めましょう。

お知らせ

最後に、

私はエリオット波動をベースにしたスイングトレードで月に2000~3000pips程度の利幅を取っています。エリオット波動は奥が深く判断が難しい部分がりますが、理解をしていくことで大きな利幅を取ることができます。1回のトレードで500pips以上取ることもできます。詳しいトレードの仕方については今後発信していきますので、引き続きお願いいたします。

本日は以上となります。

RDS

トレードマニュアルプレゼント

当ブログからXMの口座を開設された方に、月に2000~3000pipsの利幅を取れるトレード方法が記載されたマニュアル「THE TRADE NOTE」をプレゼントします。

ここをクリック

口座開設後、下記フォームからお名前、メールアドレス、XMのIDをお知らせください。(ご不明点ありましたら、下記フォームからご連絡ください)