【XM】MT4/MT5 内容の違いを一覧で比較

本記事の内容

XMのプラットフォームはMT4とMT5とありますが、

「違いが分からない」「どちらを選べばいいか分からない」という声が多くあります。

まずはそれぞれの特徴を知り、どちらが自分に合っているのかを判断しましょう。

MT4とMT5の違いまとめ

項目MT4MT5
インディケーターの種類かなり豊富普通
EA豊富普通
気配値等普通使いやすい
両建て可能可能
ワンクリック注文可能可能
ストラテジーテスター可能可能
動作スピード普通速い
分足・時間足9種類21種類
アップデート回数4回14回
対応している海外FX業者ほぼ全て一部大手業者のみ

主な項目を表にしました。

それぞれメリット・デメリットがありますが、重要なのは自分にとってどの項目を優先するかということです。

インディケーター・EAがMT4の方が豊富

インジケーターやEAは使用していますか?

使用している方は、迷わずに「MT4」一択です。

特にEAに関しては、MT5は数えるほどしかないため、EAを利用している方はMT5は選択不可です。MT4を選びましょう。

インジケーターに関しては、開発が進んできておりMT5のインジケーターのプラットフォームも充実してきています。

>>MT5インジケータ一覧

よほど作りこんでMT4でしか起動しないインジケーターでない限りは、MT5を選んでも大丈夫です。

※もちろん一度起動してみないと、MT4と同様に動くかは断定できません

MT5でインジケーターやEAの開発が進んでいない理由は?

MT5対応海外FX業者がまだ少ないからです。最近増えてきましたが、1年前までは2,3社程度しかMT5に対応した海外FX業者がありませんでした。

今後はMT5対応の海外FX業者が増えていく見込みです。

MT5の方が動作スピードが速い

MT5はメモリ量を多く使う代わりに、動作スピードはMT4より速いです。パソコンと同じでメモリ量の違いが操作性に影響を与えます。

スキャルピングをする場合は動作スピードは重要な項目になります。スキャルピングメインの方はMT5を一度検討した方がいいと思います。

MT5の方が分足・時間足が多い

MT4に使い慣れている人は

分足:

M1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)

時間足:

H1(1時間足)、4H(4時間足)

その他:

D1(日足)、MN(月足)

に馴染みがあると思います。

MT5の分足、時間足はすごく多いです

分足:

M1(1分足)、M2(2分足)M3(3分足)M4(4分足)、M5(5分足)、M6(6分足)M10(10分足)M12(12分足)、M15(15分足)、M20(20分足)、M30(30分足)

時間足:

H1(1時間足)、2H(2時間足)3H(3時間足)、4H(4時間足)、6H(6時間足)8H(8時間足)H12(12時間足)

その他:

D1(日足)、MN(月足)

2分足や12分足、6時間足など、見慣れていない人にとっては新鮮ではないでしょうか。これらの足は使いこなすことができれば有効なツールになります。

特にスキャルピングをメインでしているトレーダーやチャート分析に重きを置いているトレーダーには重宝されますね。

対応しているFX業者

すごい勢いで増えている様子。初めて聞く海外FX業者も含めて40社くらいはあります。その中でもやはりXMが一番おすすめできます。

本日は以上です。

>>XMのMT5口座開設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です